アシナガバチの生活パターンと天敵を把握~効率良く蜂の巣退治をする~

最強と言われるスズメバチが苦手な相手~修正をうまく利用しよう~ 最強と言われるスズメバチが苦手な相手~修正をうまく利用しよう~

アシナガバチの生態

アシナガバチは、人間への攻撃性が低い蜂だといわれています。しかし、自らの身や巣を守るためなら、自分より体の大きな人間にも攻撃をしかけてくる可能性があります。アシナガバチの生態や天敵について、見てみましょう。

アシナガバチの一年

アシナガバチの蜂の巣退治をするには、最適な時期があります。

巣作りをする時期

アシナガバチの蜂の巣退治に適した時期になるのが巣作りを始める春です。和紙でこしらえた造形芸術のようなアシナガバチの巣は、女王蜂が枯れた木や草をたった一匹で運んできて作っていきます。部屋が1つできるたびに卵を産み付けていくため、放っておくとどんどん蜂が増えています。そのため、女王蜂しかいない時期を狙って駆除するのがベストです。

巣の中で幼虫が孵化する時期

巣に産み付けた卵が孵化すると、女王蜂は幼虫のエサになるような獲物を肉団子にして幼虫に与えます。この時期の女王蜂は自分自身でエサを見つけにいかなければならないため、巣を留守にするタイミングが多くなります。

活動的になる時期

アシナガバチの子どもが生まれてくる夏の終わりは、活動の最盛期です。11月上旬には次期の女王蜂を残して、全てのアシナガバチが死滅しますが、それまで待つのは気が気でないでしょう。活動期には蜂の巣退治も難しくなりますから、それ以前を狙って蜂の巣退治をすることをおすすめします。

アシナガバチの天敵

女王蜂が巣を守るために行なう行動(蜂の巣退治のプロ)

アリは蜂の天敵の1つです。これはアシナガバチにとっても例外ではなく、アリから巣を守るためにアシナガバチの女王蜂はアリが嫌がるような物質を出すことができます。アシナガバチは女王蜂一匹だけでも巣を作りますが、巣作りの最中にお腹から物質を出して、巣の付け根に塗っておくのです。

攻撃性の少ないヒメスズメバチも天敵です(蜂の巣退治会社)

アシナガバチの天敵にヒメスズメバチという種類の蜂がいます。人間に対してはあまり攻撃をしてこないヒメスズメバチが、アシナガバチを襲うなど信じがたい話でしょう。しかしヒメスズメバチにとってアシナガバチの幼虫は自分達の幼虫を育てるための貴重な栄養源です。そのためヒメスズメバチはアシナガバチの巣を頻繁に襲うことがあるのです。

TOPボタン